1473

男 子 尿 道 炎 患 者 の 初 尿 沈 渣 か らのChlamydia 検 出 に お け るpolymerase 1)

reactionと

トヨタ記念 病 院 泌 尿器 科,5)東 京 共 済病 院 泌 尿器 科

尚 生1)出



隆1)多



晃 司1)山



啓 之2)

兼 松 江 巳 子1)岩



英 樹1)岡



学1)伊



康 久1)

義 人1)伊



鉦 二3)玉



正 義4)

功5)江



孝 行2)河



幸 道1)

斉藤

昭 弘1)坂

前 田

真 一4)斎

Key



words:

(平 成4年7月8日

受 付)

(平成4年8月11日

受 理)

PCR,

C. trachomatis,

rst-voided

trachomatisの

male

urine,

血 清 型L2のmajor

outer

membrane

して 用 い たpolymerase

検 出 方 法 を 報 告 し て きた.尿

道 炎 患 者 の初 尿 を 用 い たPCR法

K処

理 し,さ

ら に,フ

初 尿 沈 渣 をChlamydiazyme(R)希 を 省 略 し,PCRのtemplateと て 今 回 のDNA抽 行 っ た.PCR法

診断臨

protein遺

釈 液1mlで

伝 子 に 相 補 的 な2種

chain reaction(PCR)に

類の

よ るC.trachomatisの

に よ るC.trachomatisの

ェ ノ ー ル 抽 出 し,被 検DNAの

検 出で は 尿沈 渣

純 化 を 必 要 と した ・ 相

希 釈 す る こ と に よ り,proteinase

K処

の検 討 で は

理 後,フ ェ ノ ー ル 抽 出

し て 用 い る こ と が 可 能 で あ った.男 子 尿 道 炎 患 者100例 の 初 尿 を 対 象 と し

出 法 に よ るPCRとIDEIA(R)ク で は33例 で,IDEIA(R)で

尿 か らのC.trachomatisの

床 上 有 用 と考 え られ る.さ

ラ ミ ジ ア に よ るC.trachomatisの

は32例 でC.tmchomatis陽

に 対 す る 陽 性 一 致 率 は93.8%(30/32),陰 あ っ た.初

CHLAMYDIA fi



oligonucleotideをprimerと

をproteinase

urethritis,

IDEIA(R)

要 Chlamydia

酵 素 抗 体 法 との比 較

岐阜 大 学 医 学部 泌 尿 器 科学 教 室,2)同 微生 物 学 教 室,3)岐 阜 泌 尿 器科 4)

米 田

chain

trachomatisの

検 出結 果 の 比較 を

性 と判 定 さ れ た.PCR法

性 一 致 率 は95.6%(65/68),総

検 出 は 検 体 採 取 時 の 患 者 の 苦 痛 を 伴 わ ず,ク ら に 今 回 のDNA抽

のIDEIA(R)

合 一 致 率 は95%(95/100)で

出 の 簡 便 化 はPCR法

ラ ミジ ア 性 尿 道 炎 の

の尿 道 炎へ の 臨床 応用 に

大 き な 改 良 点 と思 わ れ た. 序 我 々 は す で にpolymerase (PCR)1)を chomatisの

phosphate

文 chain

用 い た 初 尿 沈 渣 か ら のChlamydia

transport

作 が煩 雑 で

り簡 便 な 初 尿 沈 渣 か ら のDNAの

が 望 ま れ た.前 たPCRに

tra-

検 出 法 を 報 告 し た2).し か し,DNAの

抽 出 に フ ェ ノ ー ル 抽 出 を 必 要 と し,操 あ り,よ

reaction

抽 出法

回報 告 した 尿 道 擦 過 物 を検 体 と し

よ る 検 討 で は,C.trachomatis培 medium(10%牛

別 刷請 求 先:(〒500)岐

胎 児 血 清 加sucrose

か ら のDNAの

米田

尚生

る い はChlamydiazyme(R)

検 出 を 試 み,フ

こ と な く,C.trachomatisの PCRに

ェ ノ ール 抽 出 す る 検 出 が 可 能 で あ り,

よ るC.trachomatisの

検 出結 果 は 培 養 法

あ る い はChlamydiazyme(R)の

検 出 結 果 と高 い 一

致 率 を 示 し た3)4).従 っ て,今 渣 をphosphate

buffer

Chlamydiazyme(R)希 出 を 行 い,沈

阜市 司町40

岐 阜大 学 医 学 部泌 尿 器 科 平 成4年10月20日

養用 の

solution)あ

に添 付 され た 検 体 希 釈 液 に浮 遊 させ た 尿 道 擦 過 物

討 し た.さ

回 の検 討 で は初 尿 沈

saline(PBS)あ

るい は

釈 液 に 浮 遊 さ せ,DNAの

渣 希 釈 液 のPCRに



対 す る影 響 を 検

ら に 初 尿 沈 渣 をproteinase

Kで

処理後

1474

米田

フ ェ ノ ー ル を 抽 出 す る こ と な く 被 検DNAと PCRに

てC.trachomatisの

し,

検 出 を 行 い,そ の 検 出

結 果 を 初 尿 か ら のC.trachomatisの

検 出 が可 能

なIDEIA(R)ク

ラ ミ ジ ア(以 下IDEIA(R))に

trachomatisの

検 出 結 果 と比 較 し た .

よ るC.

の う ち 初 尿30mlを

検 査 に て 初 尿 沈 渣 中 白 血 球 が5コ/hpf以

上 認 め

尿 の 残 り20mlを10

つ に 分 割 し,IDEIA(R)とPCRに

よ る検 出材

よ るC.trachomatisの

C.trachomatisの

検 出

protein(MOMP)遺

cleotideをprimer6)7)と

類 のoligonu-

し て 用 い た .PCRの

条件

は 変 性95℃,20秒,ア

ニ ー リ ン グ55℃ ,20秒,伸

長72℃,30秒

度 サ イ ク ル を40回

と し,温

繰 り返 し た2).PCR後,2%ア

bromide染

列 か ら 予 測 さ れ る242bpと

色 に て塩 基 配

予 想 さ れ るDNAの



幅 の 有 無 を 観 察 し た. 3.DNA抽

出 に お け る尿 沈 渣 希釈 液 の検 討

尿 道 擦 過 物 を 検 体 と し てChlamydiazyme(R)に て,C.trachomatis陽

性 と 診 断 さ れ た5例

2例 の 初 尿 を 用 い てDNA抽

3,500rpm,15分

尿10mlを2分

間 遠 心 分 離 後,上

割 し,

清 を 捨 て,そ



希 釈 液0.5m1に

れぞ れの

尿 沈 渣 の 溶 液140μlに5%NP.40,5%Tweeル 20,1mg/mlproteinaseKを

用 い て 上 記 と 同 様 にDNAの

PCRを

間 処 理 し た .さ Kを

のDNA溶

液5μlをtemplateと

ら に100℃,10分

不 活 化 し,DNAを

つ 加 え, 間 にて

抽 出 し た.こ し,PCRを

行 っ

た. の検 討

尿 道 擦 過 物 のClamydiazyme(R)に

性 と 診 断 さ れ た 尿 道 炎 患 者4例

.traの初

用 い て

増 幅 の 有 無 を観 察

液1μlをtemplateと

らに

し て 用 い てPCRを

増 幅 の 無 い 場 合 にC.trachomatis

陰 性 と判 定 し た. 6.初

尿 か ら のIDEIA(R)ク

trachomatisの

ラ ミ ジ ア に よ るC.

検 出 の 初 尿10mlを3

心 分 離 し,上

,500rpm,15分

清 を 除 去 後,尿

体 希 釈 液1mlを

間遠

沈 渣 にIDEIA(R)の

加 え た 後,100℃,15分



間 湯 浴 した .

そ の 後 は キ ッ ト添 付 の 操 作 手 順 に 従 っ た .陰

性 コ

ン ト ロ ー ル の 平 均 吸 光 度 に0 .05を 加 算 し た 吸 光 度 をcut-off値

と し,検

体 の 吸 光 度 をcut-off値

し たcut-off

indexを

求 め,cut-off 性,1未

で除

indexが1以



満 を 陰 性 と判 定 し

た. 成 1.尿



沈 渣 希 釈 液 の検 討

Fig.1は

尿 道 擦 過 物 のChlamydiazyme(R)に 性 の5例(lane1

と 陰 性 の2例(lane4,6)の

響 を 示 し た.PBSで 的 のDNAの

Chlamydiazyme(R)希 3,5,7で



,2,3,5,7) 初 尿 か ら のPCRに

出へ の 尿沈 渣 希釈 液 の影 希 釈 した 場 合 に は2,7で



増 幅 が み ら れ た の み で あ った が, 釈 液 で 希 釈 し た 場 合 は2

,

増 幅 が 認 め られ た .同 条 件 でPCRを 沈 渣 をPBSで

Chlamydiazyme(R)希 てC

液 の5μlを

幅 の 認 め ら れ な い 例 は ,さ

行 っ た 場 合,尿 DNA量

のDNA溶

行 い,242bpのDNAの

よ るC.trachomatis検

各 々20μlず

proteinase

chomatis陽

20,proteinaseKを

C.trachomatis陽

溶 解 し た .そ

間遠心分

懸 濁 し,そ の 一 部 か らNP-40,Tween-

をC.trachomatis陽 と陰 性

ぞ れ0.01MPBS,pH7.4,0.5mlとChlamydi-

4.Template

釈 液1mlに

出 に お け る尿 沈 渣 希

釈 液 の 影 響 を 検 討 し た.初

55℃,60分

の 初 尿10mlを3,500rpm,15分

IDEIA(R)用

自動 的 に

ガ ロースゲルにて電

気 泳 動 を 行 い,ethidium

よ るC.trachomatisの

離 し,上 清 を 捨 て,尿 沈 渣 をChlamydiazyme(R)希

再 検 し,DNAの

伝子 の塩

基 配 列5)の 一 部 に 相 補 的 な2種

azyme(R)の

尿 か ら のPCRに

DNA溶

検 出 に は 血 清 型L2のmajor

membrane

行 い,

を 検 討 し た.

し た.DNA増

2.PCRに

液 の25

用 い て 上 記 の 条 件 でPCRを

至 適template量

抽 出 を 行 っ た.そ

料 と し た.

outer

μl,5μl,1μlを

PCR用

用 いた尿

を 対 象 と し た .初

釈 液1ml

記 の 方 法 で 抽 出 し たDNA溶

検 出

の10mlを

た も の100例

採 取 し,そ

尿 沈 渣 をChlamydiazyme(R)希

に 溶 解 し,上

道 炎 患 者 お よ び検 出 材 料

尿 道 炎 の 臨 床 症 状 を 訴 え来 院 した 成 人 男 子 患 者

mlず

尿10mlの

5.初

材 料 と方 法 1.尿

尚生 他

希 釈 した の に比 べ ,

釈 液 を 用 い た 方 が ,DNAの

増 幅 抑 制 が 少 な い と い う結 果 で あ っ た .そ 尿 沈 渣 か ら のDNA抽

こで初

出 に はChlamydiazyme(R) 感 染症 学 雑誌

第66巻

第10号

初 尿 か ら のPCRに

Fig. 1

Influence

of dilution

solution

of first-voided

urine

sediments

(FVUs)

on DNA

amplification

by PCR. Upper, lower,

Chlamydiazyme

phosphate

buffer

dilution

saline

Fig.

3

ucts

buffer;

(PBS).

1475

よ る ク ラジ ミアの検 出

Agarose

gel

amplified

M,

molecular

P,

positive

size

FVUs

in

marker

control;

negative

Table

electophoresis

from

of

PCR

representative (ƒÓ174/Hinf

1-14,

clinical

prodcases.

I digest); sample;

N,

control.

1

Detection

voided

urine

of C. trachomatis

sediments

by

PCR

from firstand

IDEIA

CHLAMYDIA

Fig.

2

Influence

extracted PCR.

Upper,

middle, of

of

from 25ƒÊl

5ƒÊl of

DNA

amounts

FVUs of

DNA

solution

on DNA

template

FVUs,

DNA

amplication

solution

solution of

of DNA

of FVUs; Left

by

from

FVUs;

lower, lane,

1ƒÊl

Coincidence

rate:

95% (95/100)

positive

control.

こ で 臨 床 例 で は ま ず5μlをtemplateDNAと て 用 い,陰



性 例 に つ い て は1μlで 再 検 す る こ と と

し た. 3.PCRに

よ る 尿 道 炎 患 者 の 初 尿 か ら のC.

trachomatisの

検 出

尿 道 炎 患 老 の 初 尿 沈 渣 をChlamydiazyme(R)検 体 希 釈 液 に 懸 濁 し,そ 溶 液5μlをtemplate 100例 中29例

DNAと

を 認 め な か っ たlane

おDNAの

増 幅

1の 検 体 に つ い て はDNA溶

液1μlを 用 い る こ と で 目的 のDNAの

増 幅が認 め

再 検 し,4例

で 目 的 のDNA増

2.Template

DNA量

の検 討

尿 道 擦 過 物 か らChlamydiazyme(R)に chomatisが DNA溶

検 出 さ れ た 患 者 の 初 尿 よ り処 理 し た

液25μlを

用 い た 場 合 はDNAの

め ら れ な か っ た が,5μlで れ,1μlで

て,C.tra-

は1例

平 成4年10月20日

は4例

増 幅 は認

す べてで 増幅 さ

の み が 増 幅 さ れ た(Fig.2).そ

DNA溶 幅 が認 め

に よ るC.trachomatis

陽 性 と診 断 し た. 4.IDEIA(R)に

よ る 尿 道 炎 患 者 の 初 尿 か ら のC.

trachomatisの IDEIA(R)で

ら れ た.

増 幅 が 認 め られ

性 例 に つ い て はtemplate

ら れ た.こ の33例 をPCR法 の 希 釈 液 を 用 い る こ と と し た.な

し て 用 い た 場 合,

で242bpのDNAの

た(Fig.3).陰 液1μlで

の 一 部 か ら 準 備 し たDNA

検 出 の 検 討 で 陽 性 と判 定 さ れ た の は100

例 中32例

で,68例

indexは

陰 性 は0.50か

は 陰 性 と 判 定 さ れ た.Cut-off

14.39に

分 布 し て い た.

ら0,90,陽

5.PCR法

とIDEIA(R)と

の比較

IDEIA(R)陽

性32例

でPCR陽

陰 性68例

中65例

中30例

でPCR陰

性,総

性 は1.12か

性,IDEIA(R) 合 一 致 率 は95%



米 田 尚生 他

1476

Fig. 4

Scatter

mens

plot

cut-off index

determined

by

IDEIA

of clinical

presenting the relationship between and PCR. Open circle, IDEIA-positive closed

circle,

IDEIA-negative

の 上 清 を 除 去 し,細

speci-

CHLAMYDIA

胞 成 分 以 外 を 除 く尿 沈 渣 の洗

浄 の必 要 性 や 沈 渣 希 釈 液 の種 類 な どの検 討 を 行 っ

cut-off index specimens;

て き た.PCRに chomatisの

specimens.

よ る 尿 道 擦 過 物 か ら のC.tra検 出 の 検 討 で は,Chlamydiazyme(R)

の 検 体 希 釈 液 に浮 遊 さ せ た 尿 道 擦 過 物 の 一 部 を proteinase

Kに

て 処 理 し たDNA溶

PCRのtemplateと り,尿

液 を 直 接

して 用 い る こ とが 可 能 で あ

道 擦 過 物 のChlamydiazyme(R)陽

陰 性 で あ るPCR偽

性 でPCR

陰 性 の 症 例 は 認 め な か っ

た4).こ の こ と か ら,Chlamydiazyme(R)の 液 に よ るPCRへ れ,尿

の 影 響 は 少 な い も の と考 え ら

沈 渣 の 希 釈 液 と し て 用 い る こ と に し た .今

回 のDNA抽

出 に お け るChlamydiazyme(R)希

液 とPBSに

よ る 希 釈 と のPCRに

討 か ら,Chlamydiazyme(R)希 す る 方 がPBSで DNA増

し,そ 中95例)で

cut-off

あ っ た(Table1).IDEIA(R)の

indexとPCRの

致 例 はIDEIAのcut-off 例 がPCRで PCRで



indexが1.12と1.25の2

陰 性 で,0.90,0.85と0.61の3例

釈 液で尿沈渣 を希釈

陽 性 で あ っ た(Fig.4). 考

察 Kで

ら に フ ェ ノ ー ル 抽 出 を 加 え,DNAを

chomatisや

果 とIDEIA(R)に

処 理 し,さ 純 化 させ る

に て 初 尿 か ら もCtm-

淋 菌 の検 出 が可能 で あ る こ とを報 告

の3例

で はIDEIA(R)のcut-off

る1例

を 除 き,2例

proteinase

Kで

た.そ

のDNA溶

処 理 す る こ と でDNAを

あ り9)10),DNA増

中 に含 まれ る塩 類 や 電 解 質

PCR増

よ るDNA増

り,さ

幅 を 抑 制 す る場 合 が

幅 へ の影 響 を減 らす ため に は 純 化 を 行 う必 要 が

か し フ ェ ノ ール 抽 出 は操 作 が 煩 雑 で あ

ら に 操 作 中 にcontaminationの

こ と が 考 え ら れ た.そ

危険が増 す

こ で 初 尿 を 遠 心 分 離 後,そ



indexが0.61で



比 較 的1に

性 でIDEIA(R)陽

性 の2例

indexが1.12と1

た が っ て,PCR法

高 感 度 で あ る も の の,菌 は,尿

性 でIDEIA(R)陰

.25で

性 例 の 中 で も他 の 陽 性 例 に 比 較 し 低 値

で あ っ た.し



フ ェ ノ ー ル 抽 出 に よ るDNAの あ っ た.し

抽 出 し

液 を 直 接PCRのtemplateと

て 用 い た 場 合 に は,尿 な ど が,PCRに

の 混 合 液 の 一 部 を



検 出を行 っ

で は0.90と0.85で

近 い 値 を 示 し,PCR陰 で はIDEIA(R)のcut-off

沈 渣 と 尿1mlと

よ る検 出結

方 法 の 偽 陽 性 あ る い は偽 陰 性 の

判 断 は 困 難 で あ る が,PCR陽

IDEIA(R)陽

を 捨 て,尿

お,PCRに

よ る 検 出 結 果 の 不 一 致 例5例

rpm,15分

残 し,上 清

よ るC.trachomatis

道 擦 過 物 で のC.trachomatisの

し て き た2)8).前 回 の 報 告 で は 初 尿10mlを2,500 間 遠 心 し,尿 沈 渣 と尿1mlを

液 を 直 接tem-

よ る検 出 結 果 と高 い一

示 し た.な

て い な い た め,各

我 々 は 既 に 尿 沈 渣 をproteinase

こ と に よ りPCR法

し て 行 っ たPCRに

の 検 出 結 果 は,IDEIA(R)に

は,尿

よ る

釈 液 で尿沈 渣 を希 釈

の 一 部 か ら 準 備 し たDNA溶

致 率(95%)を が

よ る影響 の検

幅 へ の 抑 制 が 少 な い こ と が 示 さ れ た .さ

plateと

成 績 を 比 較 す る と,不



希 釈 す る よ り もPCRに

ら に,Chlamydiazyme(R)希

(100例

検体 希釈

はIDEIA(R)よ

りも

体 の比 較 的 少 な い検 体 で

沈 渣 懸 濁 液 に 残 るPCR抑

制 因子 に よ り

幅 が 抑 制 さ れ,偽 陰 性 と な る 可 能 性 も 示 唆

され た 。 し か し な が ら,初

尿 か ら のC.trachomatisの



出 は検 体 採 取 時 に 患 者 に苦 痛 を 与 え る こ と な く臨 床 上 有 用 な 方 法 で あ り,さ chomatisだ

ら にPCR法

け で な く,N.gonorrhoeaeや

体 に 特 異 的 なprimerを

はC.tra 他 の病原

用 い る こ と に よ り,一 感 染症 学 雑 誌

第66巻

第10号



初 尿 か らのPCRに

体 か らの複 数 の病 原 体 の 検 出 が 可 能 で あ る有 利 な 点 を 含 ん で い る.今 回 の 検 討 で 示 され た フ ェ ノ ー ル 抽 出 を 省 略 で き るtempatleDNAの の 簡 便 化 はPCR法

抽 出操 作

に とって大 きな 改 良 点 で あ

り,な お,多 少 の 改 良 の 余 地 を 残 す も の の 本 法 の

5) Stehens, R. S., Mullenbach, M., SanchezPescador, R.& Agabian, N.: Sequence analysis of the major outer membrane protein gene from Chlamydia trachomatis serovar L2. J. Bacteriol., 166: 1277-1282, 1988. 6)

chain

な が る もの と期 待 され る. 文

Erlich,

2)

献 G. T., Mullis,

Primer

directed

K. B.& ezymatic

of DNA with a thermostable

polymerase.

Science, 出 口

隆,

239: 487-491, 山 本 啓 之,

康 久, 斉 藤 昭 弘, 坂 斎 藤

功,

chain

義 人,

江 崎 孝 行,

reaction法

出 口

隆,

河 田 幸 道:

伊藤

玉 木 正 義, 前 田 真 一,

検 出. 感 染 症 誌, 66: 831

岩 田 英 樹,

小 野 一 徳,

Polymerase

斉藤

chain

伊 藤 康 久,

玉木

功, 江 崎 孝 行,

reaction法

による

男 子 尿 道 炎 患 者 の 尿 道 擦 過 材 料 か ら の Chlamydia

trachomatisの

検 出.

感 染 症 誌,

65:

1555-1559,1991. 4)

出口

隆,

山 本 啓 之,

尚 生, 伊 藤 康 久, 斉藤

功,



江 崎 孝 行,

か ら のChlamydia Polymerase

(ChlamydiazymeTM)と -176 , 1992.

平 成4年10月20日

多 田 晃 司, 義 人,

岩 田 英 樹,

玉 木 正 義,

河 田 幸 道: trachomatisの

chain

reaction法

岩 田 英 樹,

山 本 直 樹,

功, 河 田 幸 道:

に よ るChlamydia 感 染 症 誌,

伊藤

Polymerase trachomatis

65: 1183-1187,

rection法

7) Bobo, L., Coutlee, F., Yolken, R. H., Quinn, T.& Viscidi, R.P. Diagnosis of Chlamydia trachomatis cervical infectoin by detection of amplified DNA with an enzyme immunoassay. J. Clin. Microbiol., 28: 1968-1973, 1990. 8)

米 田 尚 生, 康 久,

出 口

米 田

前 田 真 一,

男 子 尿 道炎 患 者 検 出におけ る と酵 素 抗 体 法

の 比 較. 感 染 症 誌, 66: 172

隆,

斉 藤 昭 弘, 坂

前 田 真 一,

Polymerase

を 用 い た 初 尿 沈 渣 か ら の

山 本 啓 之,

正 義, 前 田 真 一,

DNA

1988.

岩 田 英 樹,

河 田 幸 道:

Chlamydia trachomatisの -836 , 1992. 3)

S., Scharf,

amplificaion 米 田 尚 生,

山 本 啓 之,

1991.

D. H., Stoffel,

R., Horn,

H. A.:

隆,

の 検 出 の 基 礎 的 検 討.

R. K., Golfando,

S. J., Higuchi,

出口

康 久, 江 崎 孝 行, 斉 藤

初 尿 を 検 出 材 料 と した 尿 道 炎 診 断 へ の実 用 化 につ

1) Saiki,

1477

よ る ク ラジ ミアの検 出

Polymerase

斎 藤 chain

か ら の 淋 菌 の 検 出.

山 本 啓 之,

岩 田 英 樹,

伊藤

義 人, 伊 藤 鉦 二, 玉 木 正 義, 功,

江 崎 孝 行,

河 田 幸 道:

reaction法

を 用 い た初 尿 沈渣

感 染 症 誌,

印刷 中

9) Harju, L., Janne, P., Kallio, A., Laukkanen, M., Lautenschlager, I., Mattinen, S., Ranki, A., Ranki, M., Soares, V.R. X., Soderlund, H.& Syvanen, A.: Affinity-based collection of amplified viral DNA: Application to the detection of human immunodeficiency virus type 1, human cytomegalovirus and human papillomavirus type 16. Mol. Cell. Probes., 4: 223 -235

, 1990.

10) Chien, A., Edgar, D.B.& Trela, J. M.: Deoxyribonucleic acid polymerase from the extreme thermophile thermus aquaticus. J. Bacteriol., 127: 1550-1557, 1976.

米田 尚生 他

1478

Comparision

of Polymerase Chain Reaction and IDEIA CHLAMYDIA in Detection of Chlamydia trachomatis from First-Voided Urine of Male Urethritis Patients

Hisao KOMEDA 1),Takashi DEGUCHI 1),Kouji TADA 1),Hiroyuki YAMAMOTO 2), Emiko KANEMATSU 1),Hideki IWATA 1),Manabu OKANO 1),Yasuhisa ITO 1), Akihiro SAITO 1),Yoshihito BAN 1),Shouji ITO 3), Masayoshi TAMAKI 4),Shinichi MAEDA 4),Isao SAITO 5), Takayuki EZAKI 2)& Yukimichi KAWADA 1) 1)Department

of Urology

Clinic of Urology,

and 2)Department 4)Department

of Microbiology,

of Urology, Urology,

Toyota

Tokyo Kyosai

Gifu University Memorial

Hospital

School of Medicine , 3)Gifu of

and 5)Department

Hospital

We have reported a method for detection of Chlamydia trachomatis by polymerase chain reaction (PCR) with two oligonucleotides based on sequences within the major outer membrane protein gene from C. trachomatis serovar L2. In the previous report, in addition to treatment of the mixture of first-voided urine (FVU) sediment and 1 ml of urine with proteinase K. DNA purification by phenol extraction was necessary for preparation of template DNA for PCR. In this study, FVU sediment was suspended in 1ml of Chlamydiazyme dilution buffer and a part of the suspension was treated with proteinase K for DNA extraction. The DNA extraction solution could be used as template for PCR without purification of DNA by phenol extraction. One hundred FVU specimes obtained from male urethritis patients were examined with the two methods (PCR and IDEIA) for detection of C. trachomatis. In 33 of 100 specimens , the DNA fragments of C. trachomatis was amplified by the PCR and in 32 of 100, the chlamydial antigen was detected by IDEIA. The positive and negative coincidence rate of the PCR to IDEIA were 93.8%(30.32) and 95.6% (65/68) respectively, resulting in a high overall coincidence rate at 95%.Thus, the improved method with PCR using FVU as a specimen is proved to be a useful , non-invasive diagnostic tool for diagnosis of chlamydial urethritis.

感染 症 学 雑誌

第66巻

第10号

[Comparison of polymerase chain reaction and IDEIA Chlamydia in detection of Chlamydia trachomatis from first-voided urine of male urethritis patients].

We have reported a method for detection of Chlamydia trachomatis by polymerase chain reaction (PCR) with two oligonucleotides based on sequences withi...
3MB Sizes 0 Downloads 0 Views